薄毛や抜け毛のケア方法として、「 増毛 」や「 植毛 」「 育毛 」「 発毛 」とあります。

 

これらのケアの違いを正確に答えれる人は少ないと思います。

それぞれの違いを理解しているのといないのでは、大きな差が出てきます。

 

理解していないと、誤った頭皮のケアを選択してしまい、せっかくかけた時間や費用を無駄にしてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

自分の友人に「 増毛と植毛の違いはなに? 」と聞かれることがあるのですが、増毛と植毛は全く違うものです。

増毛とは、簡単に言うと「 人工毛を現在生えている髪の毛を加える 」ことを言います。

 

1本の髪の毛に人工毛を複数本接着させたり、人工毛を植え付けた透明な糸を、髪と髪の間に編み込んだする増毛方法があります。

 

植毛とは、簡単に言うと「 頭皮に髪の毛を植え付ける 」ことを言います。

ちなみに、植毛は医療行為になるため、増毛との明確な違いがあります。

 

植毛は、医療行為なのですが、美容整形のように「 自由診療 」なので、「 保険適用外 」になります。

 

植毛の方法としては、2つに分かれます。

自分の髪の毛を植毛する「 自毛植毛 」と人工毛を用いて植え付ける「 人工植毛 」とがあります。

 

自毛植毛の場合は、植毛後に他の髪の毛と一緒に成長しますが、人工毛植毛の場合は、成長することがありません。

しかも、植毛したすべての毛髪が定着するわけではないのを頭に入れておく必要があります。

 

増毛と植毛の違いについて説明してきましたが、頭皮は人それぞれ違うので、通うクリニックの医師に頭皮を診断してもらい、自分に合った方法で治療するようにしましょう。