mente2

増毛のメンテナンス回数と年間費用はどのくらい?

薄毛への対策として、様々な育毛法薬剤・サプリメントが登場しています。

しかし、残念ながら必ず効果が出るとは限りませんし、仮に効果が出ても不十分であったり、また相応の時間が掛かってしまいます。

 

すぐにでも薄毛を改善したいと思っている場合には、もっと現実的で確実な方法を選んだ方が良いですね。

つまり増毛です。

 

現在は、今ある髪の毛に新しい人工毛を編み込んでいく方法が主流です。

見た目にも自然で増毛しているとはまず分かりません。

 

メンテナンス月に1回程度です。

自毛が伸びてきますので、それも含めてお手入れをします。

 

月に1度理容室に行く感じですね。

あとは特にケアは必要ありません。

 

普通に洗髪してもOKですから、感覚的にはほとんど自毛と同じと言えますね。

 

もちろん、即日で薄毛が改善してしまうのですから、ある程度の費用は掛かります。

その人の頭髪の状態によっても違ってきますし、料金システムも各社によって違いがあるのですが、年間で30万円程度が一応の目安かなと思います。

 

人間中身が肝心なのはその通りなのですが、一方でビジュアル面が色々な場面で大きな影響を及ぼすのも事実です。

 

他人の評価は横に置いておくとしても、薄毛で悩むそのブルーな気持ちを持ち続けるのは心身に良いとは言えません。

増毛で人生が好転する可能性もありますし、まずはカウンセリングを受けてみてはいかがでしょう。

 

費用の説明もありますので、予算的に可能ならば増毛してみる価値はあると思います。

増毛法の種類と仕組みを教えて!

kokukoku2

増毛は効き目が出るかどうか分からない育毛剤や発毛剤と違って確実に悩みを解消できるのが一番のメリットであることが分かりました。
ですが、増毛と一言で言ってもいろいろな種類があります。

ここでは増毛法の種類と仕組みを知っておきましょう。

1.編み込み式

編み込み式では特殊な糸を使用し土台を作り、その土台に人工毛を編み込んでいます。
頭皮に直接植毛していないため傷が付く心配は無いです。

 

しっかり編み込まれているため洗髪しても大丈夫です。
その他にも仕上がりが自然、結毛式と併用できる等いろいろなメリットがあります。

 

その代わりに土台の調整が必要になるため、定期的にメンテナンスを受けないといけないです。
増毛サロンに来店する手間とメンテナンス代の負担があります。

2.接着式

接着式では人工毛を装着したシートを頭皮に接着させています。
編み込み式より手軽に増毛できる、薄毛が広範囲に及んでいてもカバーできるなどのメリットがあります。

 

その代わりに蒸れやすい、肌トラブルが起きやすい、不自然になり易いと言うデメリットがあります。

3.結毛式

結毛式では既存の髪の毛に人工毛を結びつけています。
頭皮への負担が軽い、通気性が良く夏でも蒸れにくいなどのメリットがあります。

 

その代わりに既存の髪の毛が伸びてくると人工毛が浮き上がってきて不自然になるため定期的にメンテナンスを受ける事が必要です。
さらに既存の髪の毛が少ないと人工毛を結びつける事ができないです。

おすすめの増毛サロンはどこ?

osusume2

・アデランス

増毛法の利点から選択しますと、多くの方におすすめできるのがアデランスの「 ピンポイント増毛 」です。

 

ピンポイントシリーズは結毛式編み込み式の2つを採用しています。

仕上がりがとても自然で、薄毛の進捗状況によって自由に本数を調整できるというメリットがあります。

 

・アートネイチャー

次に、薄毛が深刻な方におすすめなのがアートネイチャーの「 ヘアフォーライフ 」です。

 

ヘアフォーライフは接着式でありながら通気性に優れており蒸れにくい、耐久性に優れている、自毛のような柔軟性に優れた人工毛を使用している、ヘアスタイルのアレンジも豊富と言うメリットがあります。

 

尚、私は生え際の薄毛に悩んでいたのですが、ヘアフォーライフで自然な生え際になったので気に入っています。
どちらの増毛サロンも無料お試し体験ができるのも良いところですね。